So-net無料ブログ作成

【誤爆?】志村けんのインスタ局部画像事件の真相!?関係者が衝撃暴露wwwww


先日志村けんさんが自身のインスタグラムに
局部画像をアップしたことが話題になりました。

現在は削除されていますが、
話題になった時実際に画像を
見た方も多いのではないでしょうか。。。

SNSに誤って投稿してしまうことも
あるかと思いますが、なぜ局部画像なのか…

普段局部画像を撮る機会なんて
普通ならありえませんよね。

驚くべき事実が発覚しました。


詳細は以下をご覧ください。








志村けん「インスタに局部画像」の致命的な“黒い疑惑” 共演女性『突然、志村さんの局部の写真がメールで送られてきた』




大御所芸人・志村けんのインスタグラムに
突如として無修正の男性局部写真がアップされ、
すぐさま削除されるという騒動が勃発した。

志村サイドは“不正アクセスによる乗っ取り”だと主張。
警察に被害の報告をしたと発表した。だが、これを
額面通りに受け止めている人はかなり少ないだろう。

志村はこれまでもお気に入りの女性に
局部写真を送りつけることがあったという
不穏な噂もあり、今回も「インスタグラムに
誤爆しただけ」という疑惑を持たれている。

志村のインスタグラムに大きな“異変”が
起きたのは4月19日のことだ。

突然、男性の局部が剥き出しになった
写真がアップされたの だ。

すぐに削除されたが、一度世に出た写真は
完全に消去することはできず、ネット上を
駆け巡る事態になっている。

いったい志村に何があったのか? 
写真を見て驚いた多くの人が首を傾げていると、
所属事務所から次のような発表があった。

「本日4月19日12時30分頃、弊社所属アーティスト
『志村けん』のInstagramアカウントが、
管理権のない第三者によって不正にログインされ、
弊社及び志村けん本人が関知しない画像を
投稿されるという事態が発生しました。

本件について、弊社では、同日12時40分頃に
事務所スタッフが不正な投稿を発見、
当該の投稿を削除した上で、
志村けん本人にも事実関係の確認を行ない、
不正アクセス行為の禁止等に関する法律に
違反する不正アクセス行為の被害を受けたとして、
同日14時頃、警視庁赤坂警察署に被害の報告を
しております。今後の対応については関係各所と
協議を行なった上で対処を致します」


冒頭にも記したとおり、この発表については
ネット上の書き込みを見る限り、まったくと
言っていいほど信用されていない。

そもそも不正アクセスは懲役刑を科される
可能性がある犯罪だ。そんなリスクを犯してまで、
わざわざ志村のアカウントを乗っ取り、
局部写真をアップしてすぐに消すという
奇特な人間がいるのか? という疑問は消え去らない。

またこれまでもSNSに不適切な投稿をした
多くの芸能人が口を揃えたように不正アクセスを
主張することから、もはや「乗っ取り」という
言葉の信用性はゼロだ。

志村の誤爆説を有力視するのは、
ネット上だけではなく芸能界も同じだ。
関係者は語る。

「昔から志村は自分の局部の写真を携帯電話で撮り、
女性に送りつけているという噂はありました。
志村と共演したある女性タレントから
『突然志村さんの局部の写真がメールで送られてきた』
という話を聞いたことも。そういう事情を考えると、
今回も誰か女性に送ろうとして、間違えて
インスタグラムに載せちゃった可能性も拭えませんが、
わざわざインスタにアップするかは疑問が残る
というのが率直な意見です。アップされた時間も
お昼ですしね」(芸能プロ関係者)

今年2月で67歳になった志村だが、
まだまだお盛んのようだ。


志村けん(しむら けん、1950年2月20日 - )は、
日本のコメディアン、お笑いタレント、司会者。

ザ・ドリフターズメンバー。
本名、志村 康徳(しむら やすのり)。
旧芸名および中国語での表記は、志村健。
イザワオフィス所属。身長166.7cm、体重65.3kg。
血液型A型。


ドリフメンバーの中で唯一、結婚歴がない独身。
しかし、結婚の願望は強く、「母に子供の顔を
見せてやりたい」「人恋しく、人肌恋しい」と
ブログに載せている。

『ダウンタウンDX』に出演した際、
高校生の頃から10人ぐらいの女性と
同棲した経験があると告白した。

1968年、卒業間際にザ・ドリフターズ
(以下ドリフ)の付き人になる。

1973年12月、「メンバー見習い」の扱いで
ドリフに加入する。

1974年3月31日をもって荒井注が脱退し、
4月1日に正式にドリフのメンバーとなる。

1985年に『全員集合』が終了。
その後、自身をメイン出演者とした番組などで、
ドリフメンバー以外との活動が多くなる。

この頃から「変なおじさん」に代表される、
ドリフとは一線を画した独自のコントスタイルを確立。

2015年11月23日に「一番のファン」であった実母が逝去。
2016年8月19日、肺炎で入院したことが判明した。









0ef8544d.jpg
18250196-s.jpga4c4f415.jpgf6679e21.png








この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。